平成29年度 講演要旨作成要領

1. 演題申込登録

① 講演要旨の登録に先立ち,ホームページから演題申込登録を行ってください。

② 本作成要領をよく読みその案内にしたがって講演の申込登録をお願いします。

③ 要旨登録期間は、7月1日〜7月31日 17:00時までとします。

④ 所属獣医師会への申込書は不要です。

このページの最後に演題登録ボタンを配置しています。

2.講演要旨の作成

  • 講演要旨はWindows用 Microsoft Wordなどを用いて要旨を作成してください。
    要旨の仕上がりは、昨年度の要旨集を参考にしてください。
  • 講演要旨の所属獣医師会幹事による登録前確認は行なわないことになりました。
  • 本年度は各獣医師会でのCD等による講演要旨の受付はしておりませんのでお気をつけ下さい。
  • 演題名は、講演内容を正しく表現するものにしてください。演題に「・・・について」というような言葉は入れないでください。
  • 発表者所属別項の例にならって記入してください。住所を記入する必要はありません。
    〔例〕大阪府南部家保、大阪動物病院・大阪府、大阪府大、動衛研九州支場
    本文の記述は、以下の様にしてください。1,000 字以内にまとめることを厳守してください。句読点、スペース等は1字としてカウントされ、またイタリック体は余分な字数が追加となりますので、入力終了後に字数を確認してください。1,000字を超過すると登録されませんのでご注意ください。
    要旨本文は,「1.はじめに:」,「2.材料および方法:」,「3.結果:」,「4.考察および結語:」ので構成されます。
    「1.はじめに:」の項は、本研究および調査をするに至った目的を記載してください。例えば「・・・を検討した」,「・・・を研究した」もしくは「・・・を調査した」というように記載してください。単に「・・・を報告する」というような内容が業務報告になるような表現はさけてください。
    細分化して項目ごとに記述する場合は、両カッコを用いて(1)(2)(3)等としてください。そのあとからの区分は、ア. イ. ウ,次は①②③としてください。
    図・表・写真等は添付しないでください。
  • 発表者所属(勤務先)の名称は以下を参考に略して記述してください。各部局で複数演題を出される場合は,所属先の略記名称を統一して下さい。
  • 講演要旨は,学会ホームページにて公開することをご了承下さい。
  • 用語については日本獣医師会学会学術誌投稿規程の執筆要領、第7条、(1)、イ(214頁)に準拠して下さい。

    日本獣医師会学会学術誌投稿規程(平成28年4月1日施行)のURL:https://seo.lin.gr.jp/nichiju/suf/topics/2016/20160401_01.pdf

発表者所属 記述例

大学名   記号 略称名
北海道大学 北 大
帯広畜産大学 畜産大
岩手大学 岩 大
東京大学 東 大
東京農工大学 農工大
岐阜大学 岐阜大
鳥取大学 鳥取大
山口大学 山口大
宮崎大学  宮崎大
鹿児島大学 鹿 大
大阪府立大学 大阪府大
酪農学園大学 酪農大
北里大学 北里大
日本獣医生命科学大学 日獣大
日本大学 日 大
麻布大学 麻布大
独立行政法人動物衛生研究所◯◯支場 動衛研◯◯支場
農林水産省動物検疫所◯◯支所 動検◯◯支所
◯◯県◯◯部◯◯課 ◯◯県◯◯課
◯◯県衛生研究所 ◯◯県衛研
◯◯県◯◯家畜保健衛生所 ◯◯県◯◯家保
大阪府公衆衛生研究所 大阪府公衛研
◯◯県◯◯食肉衛生検査所(センター) ◯◯県◯◯食肉衛検
◯◯県◯◯保健所 ◯◯県◯◯保
◯◯県畜産技術センター ◯◯県畜技セ
◯◯県健康環境研究所 ◯◯県健環研
◯◯県動物愛護センター ◯◯県動愛セ
◯◯県農業共済組合連合会 ◯◯県農共連
◯◯県農業共済組合連合会◯◯家畜診療所 ◯◯県農共連◯◯家畜診
◯◯県農業協同組合 ◯◯県農協
株式会社
開業場合 ◯◯動物病院


3.お問い合わせ先について

登録システムに関するお問い合わせ先..................toiawase@kinrenju.jp

プロジェクター・パソコンなど当日の発表に関するお問い合わせ
...........................................................................Tel:03-5970-3990(代)/E-mail:info@tasp.co.jp

学会発表に関する問合せについては、所属の獣医師会事務局へお願いします。

演題登録